使う状況で変わるはんことは?全種類でいくつあるのか

使う場所や状況によって種類を変える必要があるはんこは、仕事場やプライベートなど、様々な場所で使われることの多いものです。金融機関や役所などの手続きに必需品として扱われることもあるため、はんこの種類によって使い分けなければいけないことも。

はんこの種類を把握しておくと、どんな場面で使えばいいのかが分かります。

契約書などに使われる実印

手続きの場面で使われることの多いはんこは実印です。実印は、市区町村役場で印鑑登録をしているはんこを称します。なので、自分が実印として扱っているから実印になるというわけではありません。実印はローン契約の公文書や不動産売買の契約書などで使用されるものになっており、重要な契約書を用いた手続きなどで活躍するはんこです。

重要な場面で使われることが多いので、百円ショップなどで販売されているはんこでは実印として認められません。偽造されることを防ぐために、手彫りの実印を用意することで、安全性も高くなります。実印は長く使っていくものでもあるので、チタンやオノオレカンバなど、耐久性のある素材を使って作ったはんこを選んでみましょう。

チタンは水洗いができるので、使った後に洗って綺麗にできるため、保管しやすい素材です。斧が折れるほど堅いと言われるオノオレカンバは、その耐久性から契約事や絆が長く続く縁起物とも知られているため、プレゼントとしても選びやすい素材です。

実印を作る時には、素材選びにも注目してみてください。また、実印を無くしてしまった場合は、市区町村役場で行った印鑑登録をやり直さなければいけません。実印を別のはんこに変えたい時も、同様に市区町村へ届け出を出して実印の変更をする必要があります。

⇒判子にかかわる名称と別名と語源

金融機関での手続きに使われる銀行印

銀行の口座を開設する際に使われるはんこを銀行印といいますが、実印同様に大切なはんこなので、取扱には十分に注意する必要があります。実印と同じはんこを銀行印として使おうと考える方もいますが、それはやめておきましょう。

銀行印は主に金融機関での口座開設に使われるため、複数の銀行で口座を持っている方は、それらすべての口座のはんこが同じものになってしまいます。すべて同じはんこで口座開設や登録をしていると、偽造や悪用された時のリスクが高まってしまいます。

はんこを紛失した時にも、実印と銀行印を併用していれば、登録したはんこを変更するための届け出を市区町村役場や金融機関にすることになるため手間がかかります。なので、できるだけ併用して使うことはやめておきましょう。

銀行印を作る時にデザインでもこだわりたいという時には、柘材を素材にしたはんこがおすすめです。柘材は大人向けのシルエットや宝石のようなデザインのものも豊富に揃っているので、はんこ選びの時にも楽しむことができます。

私生活の場面で使われることの多い認印

認印は、実印や銀行印のように、印鑑登録や金融機関で登録を行っていないはんこの総称です。荷物の受け取りをする際にはんこが必要になる時がありますが、この際に使われるのが認印です。私生活の中でも使われることが多いので、学校書類や簡単な契約書に、本人のサインとして活用されています。

実印よりも重要性は低いように見えますが、認印も本人が承認したことを示すものになるので、契約書などで使用する際は注意が必要です。認印の中に含まれているのは、シャチハタや三文判といったスタンプタイプのものや百円ショップで販売されているはんこもあります。

シャチハタはゴムが素材となっているので劣化も早く、朱肉も時間経過によって切れてしまうため、実印や銀行印のように使うことはできません。なので、完全に私生活用のものになります。会社で使う時にインクが切れているというトラブルも起こりやすいため、契約書で扱うことはほとんどありません。

三文判はシャチハタと違って、銀行印や契約書の認印として使うことができますが、安全面を考えると使用は避けた方がいいでしょう。

はんこを作る時に気を付けるポイント

個人で扱うはんこの全種類、どれを作る際にも、素材はもちろんですが、サイズや書体にも気を付ける必要があります。実印や銀行印、認印などを複数用意している方は、それぞれのはんこが同じ書体だったり、サイズも一緒であれば、自分も見分けがつかなくなってしまいます。

どのはんこが実印だったのか分からないといったトラブルが起こる前に、使い分けるはんこにも差をつけて区別できるようにしておきましょう。特に書体は、複雑なものほど防犯性が高くなり可読性も低くなるので、安心して使うことができるため、実印を作る際には注目してみてください。

実印の書体として選ばれやすいのが、篆書体と印相対です。篆書体は文字を崩したような書体となっているため、氏名を掘ったはんこは更に複雑化することができます。印相対は篆書体の文字と形は同じですが、文字の線が枠線と繋がるように作られているので、はんこがかけることを防ぐことができ、長く愛用しやすくなっています。

はんこのサイズは男女によって変わってきますが、実印で推奨されているサイズは、男性なら16.5mm、女性なら13.5mmです。銀行印の場合は、男性なら15.0mm、女性なら12.0mmとなっており、銀行印よりも実印のほうを大きなサイズにすることが一般的です。

⇒かわいい!つかえる!「キャラクターはんこ」

企業や作品の証明として使われるはんこ

はんこは、個人が使うもの以外にも種類があります。企業を示す代表印である会社実印は、会社の契約書にも使用されるはんこです。この会社実印は、会社を設立している代表者が登録を行い、代表者が変更した時にも登記を行う必要があります。

他にも、会社銀行印として、会社が金融機関と取引をする際に使用するはんこもあり、こちらは財務などで使用されることが多いです。角印と呼ばれる認印もあり、請求書や領収書に捺印する際に使われます。他にも、自分の作品であることをしめすための落隷印や、どこが所蔵している本かを示すための蔵書印といったはんこがあります。

これらは基本的に個人が使用することはありませんが、どこが取り扱っているものなのかを確認できる大切な証明のはんこです。

用途別に使用できるはんこの種類

はんこの種類も豊富ですが、その用途も様々です。自分が署名したことの証明でもあり、契約内容に異論がない承認としても扱われるはんこは、普段の生活の中でも決して無視できないものです。契約に使用するはんこは、防犯面も考えて素材や書体などにこだわりをもって作るのがおすすめですが、認印で重要な書類に使わないはんこは、自分好みのデザインのものを探して購入して楽しむこともできます。