日本社会におけるハンコの重要性と袋の扱い方について

日本は世界でほぼ唯一、生活にハンコが密着している国と言われています。ハンコは世界各国で使われていますが、そのほとんどは儀礼的な意味でしかありません。書類の内容に同意したことを示す法的効力をハンコに持たせているのは日本特有の慣習です。

また、ハンコを入れる袋にも独自のこだわりを持つ人は少なくありません。ここではハンコの歴史や重要性、印袋の選び方についてお伝えします。

⇒お辞儀ハンコというビジネスマナーについて

日本にハンコが普及した経緯

日本は世界でほぼ唯一、様々な書類にハンコを押す国とされています。しかし、最初から日本でハンコが普及していたわけではありません。アジア圏では古代の中国でハンコが使われ、後漢王朝の時代に日本へ伝わりました。

当時のハンコは実用品ではなく、権力者が持つステータスアイテムだったのです。日本に贈られた純金製のハンコは中国の皇帝が日本という国の存在を認めたことを意味しています。ハンコを押すことが書類の内容に同意したことを意味するようになったのは平安時代後期とされています。

貴族が遺言状や武士の任命書を作成した際、内容に間違いがないことを示す目的で使用しました。そこから様々な書類にハンコを押す行為が一般化したのです。その一方でハンコが富や権力の象徴として扱われていたのも事実です。

ハンコを持つことができたのは有力な貴族や武士など一部の人だけでした。庶民は自分の手に朱肉を塗り、書類に押し当てて手形を作ることでハンコの代わりにしていました。庶民の間に現在のような形のハンコが広まったのは江戸時代の後期ですが、法的効力を持つようになったのは明治時代に法律が改正されたのが理由です。

公的な書類には必ずハンコを押すように定められ、そこから生活の必需品として扱われるようになりました。

材質ごとで異なるハンコの特徴や扱い方

古い時代のハンコはほとんどが木製です。日本でもっとも容易に入手できる木材は加工もしやすいため、細かい文字を刻むハンコ作りに適しています。軽量で扱いやすく、朱肉がよく沁みるのも利点ですが、その一方で湿気に弱くカビや害虫の被害に遭いやすい欠点があります。

また、加工が容易な利点は偽造がしやすい欠点でもあるので、有力者が持つハンコは偽造防止のためにべっ甲を貼り付けたりヒスイをはめ込むなどの装飾が施されていました。木材と並んで古くからハンコの材料に使われていたのが石や動物の骨です。

木材よりも固いので丈夫ですが、加工が難しい欠点もあります。湿気の影響を受けにくい反面、乾燥によって割れてしまうこともあります。金や鉄などの金属もハンコの材料として古くから使われていましたが、入手や加工が困難なことからその数はわずかです。

希少性が高く、安価な材質のハンコが普及するようになってもステータスアイテムとして珍重されていました。金属製のハンコは非常に固く、湿気や温度変化の影響をほとんど受けません。摩擦にも強いため、高級な実印の材料として扱われています。

プラスチック樹脂は20世紀になってから急速に普及した材料です。安価で加工が容易なことから、三文判やゴム印などの安価なハンコに多用されています。湿気の影響はほとんど受けませんが、極端な高温に触れるとその部分が溶解します。

衝撃にも弱いので丁寧な扱いが必須です。

ハンコが持つ法的効力の詳細

日本でのハンコの扱いは非常に責任が大きく、安易な捺印は避けるべきとされています。書類への捺印は内容に同意した証であり、後になって捺印した本人が否定しても法律上は捺印した事実を採用します。そのため、捺印は慎重に判断しなければいけません。

ハンコには様々な種類がありますが、法的効力の面から見るとハンコは実印とそれ以外の認印の二種類だけです。実印は市区町村に届け出た公的な認印で、捺印の正当性が大きいという特徴があります。実印には印鑑証明書が付随しますが、これはハンコの所有者が確かに捺印したと証明する物です。

捺印による拘束力は非常に大きいので、書類の内容を確認しない捺印は絶対に行ってはいけません。認印は実印とは異なり印鑑証明書がありません。高級な材料で作られたハンコも、プラスチック製の安価な三文判も証明書が無ければどちらも同じ認印です。

しかし、認印でも捺印すると書類の内容に同意したと見なされます。法的効力はほぼ同じと言えるので、認印でも慎重に扱わなければいけません。その一方で印面がゴムで作られているゴム印は法的効力を持たないケースがほとんどです。

印面が圧力を受けて変形し、捺印する度に印影も変わってしまうのが理由です。

印袋の良し悪しを見分ける方法

印袋は名前の通り、ハンコをしまう袋です。捺印時に朱肉をつけたハンコはそのまま置くと周りを汚してしまいます。手や衣服に朱肉が付着するのを防ぐため、専用の袋である印袋が必要になるのです。古い時代は動物の皮や麻の生地で作られた印袋が使われていましたが、現在は安価な化学繊維製の印袋が普及しています。

加工が容易なので様々なデザインに仕上がるのが利点ですが、稀に品質が悪い物も混在しているので注意が必要です。印袋はハンコが出し入れしやすいことや、付着した朱肉が沁みないことで良し悪しを判断します。引っかけや摩擦などの刺激に強く、丈夫で長持ちすることも品質の良し悪しを決めるポイントです。

自作の印袋でおしゃれを演出する

ハンコをしまう印袋は自作の物を使うことで個性的な雰囲気を持たせることができます。市販品とは異なる、自分だけのこだわりを表現できるので何度使っても飽きないと言えるでしょう。印袋はしまうハンコの大きさに合わせて作りますが、出し入れのしやすさと袋の中での安定性を考えてサイズを決めることが重要です。

ハンコよりもわずかに大きなサイズなら出し入れがしやすくなります。印袋作りに使う材料は個人の好みで決めることができるので、敢えて朱肉が沁みる生地で作るのもおしゃれを表現する方法です。印袋はその用途から朱肉で汚れやすいので、洗濯ができる物を選んで作るのが賢明でしょう。

ハンコも印袋も使いやすく高級感のある物が最適

ハンコを押すのは書類の内容に同意したことを意味しています。

使ったハンコは専用の印袋にしまいますが、どちらも朱肉で汚れてしまうのが問題です。

印袋はハンコを出し入れしやすい、朱肉の成分が滲み出てこない物が高品質と言えるでしょう。市販品に満足できないなら自作する方法もあります。

自分だけの個性的なデザインにするのも難しいことではありません。