グラデーションのあるハンコ

宅配物の受け取りから、簡単な契約書、仕事の書類など、多種多様な場面でハンコは使われます。ハンコは、日本人にとって非常に身近な存在といってよいでしょう。そのようなハンコには、じつにさまざまな種類が存在しており、ハンコにかかわるイメージを大きく変えるものも多いです。

ハンコの中でもグラデーションに関するものを紹介します。

⇒日本社会におけるハンコの重要性と袋の扱い方について

ハンコの種類とそのイメージ

ハンコには様々な種類があります。そのハンコに掘られている文字もそれぞれ異なれば、使用する場面も各々異なるものです。日常的に使用するハンコの種類は、認印と呼ばれるものです。認印とは、荷物の受け取りや簡単な契約、学校からの書類に使用するハンコのことで、役所などへの登録の必要はありません。

掘られる文字も楷書の文字が多く、ホームセンターなどで販売されていることもあります。銀行で使用するハンコとしては、銀行印があります。銀行での出納や金融機関での保険や証券の契約時に使用するもので、金融機関で登録する必要があるものです。

あまり使用することがないハンコとしては、実印があります。土地や建物、ローンの契約、公文書の作成の際などに使用する印鑑であり、市区町村など自治体の窓口で登録する必要があるハンコです。複製や偽造を避けるため、楷書ではなく篆書などで作成されることもあります。

これらの公式な場面で使用されるハンコ以外にも、様々なハンコが存在しています。趣味で使用されるハンコとして、消しゴムハンコなどは有名です。消しゴムを購入して、好きなデザインを掘ることができるので、子どもから大人まで幅広く親しまれています。

グラデーションデザインのハンコ

ハンコというと、どうしても公的なイメージがあるので、そのデザインも落ち着きのあるものや地味なものになるというイメージが強いです。実際に、公的な文書に使用されることが基本である、実印や銀行印は落ち着いた印象、重厚な印象を与えるデザインのものが多いです。

これらのハンコは、長く使い続けること、使用する場面を想定して、耐久性が高く高級感のある素材を使用することが基本です。かつては象牙や柘材などが使用されることが多かったですが、現代ではチタンやオノオレカンバなどを使用することが多くなっています。

認印は、これよりも使用頻度が高く、持ち歩くことも多いので、頑丈さよりも軽さを意識して作られることが多いです。地味で簡素なデザインも多いですが、ハンコのデザインは多種多様になっています。可愛らしいデザインを重視する人も多く、カラーバリエーションも豊富なほか、キャラクターをあしらったハンコを作成する人もいます。

樹脂やプラスチックを素材としており、グラデーションのハンコも人気が高いです。鮮やかな色調で濃淡の移り変わりが美しいグラデーションデザインは、女性を中心として人気が高いです。色によっては性別を問わず人気が高く、プレゼントとして購入する人も多いデザインといえるでしょう。

結婚の祝いや子どもの初めてのハンコとしてグラデーションを採用する人は多いです。

⇒友人の結婚祝いにはんこをプレゼントした体験談

消しゴムハンコの利用場面

消しゴムハンコは、消しゴムを彫刻刀などで掘って、ハンコとしたものです。趣味で作成する人も多いハンコです。実印や銀行印、認印として使用することは、基本的にありません。認印として使用することがあったとしても、あまり一般的ではないです。

消しゴムハンコは、基本的に趣味で使用するしかありません。絵を作成する人もいますが、はがきに押して送るという人も多いです。自分だけのデザインを使用して、インクを工夫して、巾着や手提げの端に押して、自分のものというサインの代わりに使用することもあります。

消しゴムハンコを作るための道具

消しゴムハンコは材料を用意すれば、だれであっても作成することが可能です。消しゴムハンコに使用する道具は、主に消しゴムハンコ用の消しゴムと彫刻刀、トレーシングペーパー、カッティングボード、インクをあげることができます。

通常の消しゴムでも消しゴムハンコを作ることは可能ですが、消しゴムハンコ用の消しゴムの方が、サイズも豊富にあるほか、カットしやすい固さです。2層カラーになっているものも多く、カットした部分とそうでない部分の見分けがつけやすいでしょう。

彫刻刀があれば、広い面を簡単に掘ることができます。より細かなデザインを作成したい場合には、彫刻刀のほかにデザインアートナイフがあるとよいでしょう。トレーシングペーパーとは、デザインを消しゴムに転写させる際に使用するものです。

消しゴムハンコは、ハンコを押した際にデザインが反対になるので、トレーシングペーパーを使用しなければ、文字が鏡文字になってしまいます。安全に作業するためには、カッティングボードを用意しておくとよいです。インクは、多種多様なカラーがあるほか、ハンコを押す素材に合わせて専用のインクもあるので、用途に合わせて用意するとよいでしょう。

消しゴムハンコの作り方

消しゴムハンコの作り方の手順は単純です。まず、図案を描き、トレーシングペーパーに書き写します。きれいに拭いた消しゴムの上にトレーシングペーパーを重ねて、消しゴムにデザインを転写させます。彫刻刀やナイフを使用してデザインを掘っていくのが次の工程です。

デザインを掘る際には、広い部分から掘っていくとよいです。外側を掘る際には、外側に斜め45度に彫刻刀を挿入し、ナイフで掘る際にはV字を作るようにして掘るときれいに掘ることが可能です。インクをつけてハンコを押せば完了です。

消しゴムハンコの押し方

通常のハンコの場合、ハンコを朱肉に押しつけることによってインクをつけて、ハンコを押しますが、消しゴムハンコの場合は異なります。消しゴムハンコの上に、スポンジにしみ込んだインクを押し付けるようにしてしみ込ませてからハンコを押すというのが通常です。

消しゴムハンコは、このインクのつけ方によって、デザインを工夫することができる点が特徴です。インクの押し方によってグラデーションをつけることもできます。

消しゴムハンコとグラデーションのインク

消しゴムハンコのグラデーションのつけ方は様々あります。そのひとつがグラデーションになっているインク台を使用するというものです。インク台の中には、単色のものばかりではなく、複数の色のインクのしみ込んだスポンジを並べたインク台というものがあります。

おおよその場合、近しい色合いのスポンジを並べているグラデーションになっており、このインク台の上に消しゴムハンコを乗せるだけでグラデーション模様をつけることができる便利な存在です。

このグラデーションインクを使用する際のポイントは、ただインクにハンコを押し付けるだけではなく、少し左右にハンコを動かしてインクをつけるという点です。

いくらインク台がグラデーションとなっていても、スポンジ同士の境目はしっかりとしているので、インク台に押し付けただけでは境目がはっきりとしたままでグラデーションが上手くできません。

左右にハンコを動かすことで境目がぼやけて美しいグラデーションとなります。

間違ったグラデーションの方法

グラデーションを作る際、それぞれの色のインクを一色ずつハンコにつけ、その都度ハンコを押すと考える人もいますが、その方法は間違っています。

何度もハンコを押すと、必ずハンコの位置がずれてしまい、美しいグラデーションどころか、デザイン自体が上手く再現できなくなってしまうでしょう。

グラデーションを作る方法①

単色のインク台を使用してグラデーションを使用する場合の方法は二つあり、そのひとつが濃い色のインクから色を乗せていくというものです。濃い色のインクを乗せた場所から、少しずらして徐々に薄い色のインクを乗せていくという方法です。

濃い色が乗りすぎた場合には、スポンジドーバーで削れば、上手くぼかすことができます。

グラデーションを作る方法②

もうひとつの方法は、薄い色から徐々に濃い色のスタンプのインクを乗せるという方法です。薄い色の方から乗せていくことで、濃淡を調節しやすくなります。

グラデーションで美しいデザインを

ハンコには様々な種類があり、消しゴムハンコではスタンプの押し方だけでグラデーションを再現することも可能です。グラデーションインク台を使用するほか、濃さの違うインクをずらして乗せていく方法など様々です。自分に合ったやりやすい方法を探すとよいでしょう。

グラデーションをうまく再現して美しいデザインを作ってみてください。