判子にかかわる名称と別名と語源

判子は、日本人にとって非常に身近な存在といえるでしょう。会社で使用する人もいれば、会社以外でも荷物の受け取りなどで使用することは間々あります。様々な書類に使用される判子ですが、この判子を具体的に説明しろと言われるとなかなか難しと思う人も多いでしょう。

実は判子という名称には様々な意味を読み取るものなので、それらの名称や語源について紹介します。

様々な種類がある判子

判子と呼ばれると、人によって様々な種類の判子を想像する人がいます。判子には多種多様な種類があり、そのそれぞれに用途があるので、しっかりと理解して使用することが必要です。日常的に使用される、最も身近な判子としては、認印をあげることができます。

認印とは、宅配便の受け取りの際をはじめとして、学校からの簡単な書類、小さな価格の日常的に交わされる買い物などの契約書などに使用されることが多い判子のことです。重要な取引ではなければ、市役所など自治体での手続きにも使用することができます。

基本的に自治体での印鑑証明の必要はなく、気軽に購入することができます。はんこ屋で作成してもらう必要もなく、ホームセンターなどで購入することができる判子です。認印は使用頻度が高いので、耐久性や軽さを意識して作られることが多いです。

素材は樹脂やプラスチックが多く、デザインも可愛らしいものや美しいものなどデザイン性に富んでいます。中にはグラデーションカラーやキャラクターの印刷されたものもあり、子どもの初めての判子としてプレゼントする人も多いです。

金融機関で使用する判子としては銀行印というものがあります。銀行において口座を開設する際をはじめとして、登録内容の変更の際、預金したお金を引き出す際など、お金の出納でも使われます。このほか、保険や証券の契約の際にも使用されるので、厳密な管理が必要な判子です。

認印よりも少し立派に見える判子とすることが一般的で、柘材や黒水牛などを素材とすることが多いといえるでしょう。認印よりもデザイン性が下がることが多いですが、クリスタルなどを使用してカラフルで美しい判子を作る人もいます。

判子の中でも個人として最も重要なものが、実印です。実印とは、土地や建物などの大きな買い物をする際の契約をはじめ、ローンの契約、そして公文書の作成の際にも使用されます。実印は市区町村などの役所で登録しなければなりません。

最も重要な印鑑として、高級感を意識して作成することが多いです。耐久性や捺印性が優れているとともに上品な仕上がりとなる、チタンや象牙を使用することが多いでしょう。判子は契約以外にも使用されることが多く、趣味の範囲としては消しゴムハンコなどもそのひとつです。

消しゴムを彫刻刀で彫って作成する判子で、認印などとして使用することもほぼありません。

⇒友人の結婚祝いにはんこをプレゼントした体験談

印鑑と判子の違い

判子にかかわる名称は様々あります。

判子を押してという場合もあれば、印鑑を押してという場合もあり、どちらの名称が正しいのかわからないという人も多いです。判子の正式名称のことを印鑑だと考えている人もいますが、実は異なります。

判子には、名前が彫られている物体である本体と、判子を押した際に紙に残る朱肉のあとの二つがかかわります。判子を押した際に紙に残る朱肉のあとのことは、判子とは呼ばず印影と呼ぶことが正しいです。では、印鑑はというと、印影の中でも特に役所や銀行などに登録した印影のことを指して言います。

つまり実印や銀行印を登録した際の印影のことを印鑑ということです。印影を押すための本体のことは印章といいます。これらの中で判子が厳密に何を指すかというと、印章です。つまり印影を押すための物体そのものが判子ということです。

印章は判子の別名と言い換えることもできます。しかし、これらの違いはあまり明確に区別されていません。印鑑も、辞書においては判子のことを指していると示しているので、印鑑のことを判子と呼んでも大きな問題はありません。

あくまでこれらの違いはうんちくでしかないでしょう。厳密に使い分けなければ社会人として失礼になるといったことはないので、強くこだわる必要はありません。

判子にかかわる言葉の意味

判子には様々な言葉が使われており、そのそれぞれに意味があります。印鑑や印影などに使われる「印」という言葉には、一定の権利や強制力を有するものという意味があります。判子の「判」は、印影や印章を指すこともありますが、記号や情報としての意味しかありません。

印鑑の語源とは

印鑑という言葉には、しっかりとした語源があります。この語源を知っていると、印鑑や判子、印章などの言葉をうまく使い分けることができるでしょう。印鑑とは、役所や銀行に登録した印影のことであり、これらを登録するのは、契約書に記載されている印影が正しいものであるのかを登録したものと照合するためです。

照合作業に使用する印影が記載されている台帳のことを、特別に鑑(かがみ)と呼んでいました。次第に、鑑のこと自体を印鑑と呼ぶようになり、さらには本物の判子で押された印影そのものを印鑑と呼ぶようになったとされています。

これが、印鑑や判子などの名称があやふやになっている原因ともいえるでしょう。印鑑を照合して真偽を確かめる作業は、現代でも銀行などで行われています。

判子の別名

判子という言葉の語源はいくつかの説があります。ひとつは江戸時代に作られた版画が語源とされています。江戸時代に作られた版画に使う板のことを「判行(はんこう)、版行(はんこう)」と呼んでいましたが、それが転じて文字を彫るはんこのことも判子と呼ばれるようになったというものです。

二つ目が版行を使用して書物を印刷することと、印章で捺印するという行動が近しい行動で、混同したことによって印章そのものを判子と呼ぶようになったというものです。三つ目としては、「判を押す」という意味を持つ判行という言葉が転じて、判子と呼ばれるようになったという語源もあります。

様々な説がありますが、いずれも確かなものではありません。なお、はんこを判子と書くことは単なる当て字です。判子は別名として「印(いん)」や「璽(じ)」、さらには「はん」と呼ばれることもあります。璽という言葉は古く、飛鳥時代から使われていました。

701年に制定された大宝律令では、官が使用する印鑑の一つとして天皇御璽というものがあり、これが始まりとされています。現代では天皇が使用する判子のことを「御璽」と呼んでいます。

⇒外国人に大人気!はんこの魅力

名称を正しく理解しよう

判子は、日常的に使用するじつに身近な存在ではありますが、印鑑や印影などじつにややこしい名称がたくさんあります。厳密にいえば判子とは判子を押す本体のことで印章とも呼び、押された朱肉のあとのことを印影や印鑑と呼んでいます。

しかし、これらの名称の違いは正確に使い分ける必要はありません。正しい知識をもち、不自然にならない程度に気を付けて使ってください。