はんこで運勢を変えてみよう

はんこは古来より、金運や仕事運、家庭内の運勢に大きく関わると言われてきました。特に、日本では重要な書類に使う実印は大切なものとされています。自分の苗字のはんこを作る際に、このような運勢の上昇について考えて作成してみてはいかがでしょうか。

はんこで運勢を上昇させたり、開運を願ったりする場合のポイントについてご紹介しましょう。

はんこの歴史

はんこは古くより使われていて、一説によるとメソポタミアが起源とされています。日本のはんこ文化は中国を経由して根付いたとされています。もともとは、高貴な家の身分を証明するものとして使用されていました。そのため、庶民のあいだではんこを作ることは無かったようです。

はんこが広く用いられるようになったのは江戸時代に入ってからで、簡単なサイン代わりにも使われるようになりました。さらに明治時代に入ってからは、家庭を象徴するものとして様々な証明書に用いることが法律で定められました。

このような形態が現代にも引き継がれて、はんこは今でも日本では重要な書類に捺印するものとして継承されています。そうした長い歴史のなかで、家庭の運気を左右するものとしてもはんこは注目されてきました。特に印鑑は、家族の苗字が彫られているために、家庭内の運勢に大きく関わると言われています。

素材や字体、デザインについて考えて作成することで、はんこを運勢向上の味方につけてみてはいかがでしょうか。

運勢を上げるはんこ選びのポイント

はんこで運勢を上げる方法としては、はんこの素材選びがポイントになります。運気を秘めた素材は家に置いておくだけでも、まじないとしての効力を発揮すると言われているので、素材選びにまずこだわってみましょう。はんこの素材は様々ですが、自分の生まれ月を基にした九星気学の素材を選ぶことが開運に関わるとも言われています。

九星気学とは生まれた年月日の九星と干支、さらには五行を組合わせた占いの一種のことを指します。はんこに用いられる素材は自然由来のものが中心なので、九星気学との相性が良く、パワーをより高めるのに有利だとされています。

九星気学を用いてはんこを作成してくれるお店があるので、気になる場合はそうした店舗に注文しましょう。ですが、九星気学にこだわらず、好きな素材を選んでも十分に効果を得ることができます。さらに、最近ではパワーストーンではんこを作ることも人気を集めています。

はんこの素材選びをする場合

運勢を上げるはんこの素材として人気なのが、黒水牛と本柘植です。黒水牛は男性向けのはんことして最も広く使われていて、美しい光沢をもった黒の水牛の角で出来ています。

家庭だけでなく、仕事運の上昇も期待できる素材とされています。そのため、会社経営者や起業家などに広く支持を受けています。ただし、紫外線など日光に弱いのでケースに入れて保存しておく必要があります。女性に人気なのが、白柘植のはんこです。

柘植は肌理の細かい丈夫な木材で、古くより日本人に親しまれてきました。加工しやすいだけでなく、磨きこむと独特の艶が出ることも特徴です。柘植で作ったはんこは、自然のパワーを秘めているため、風水的にも運勢を上げる素材として注目されています。

近年、注目を集めているのがパワーストーンを加工して作ったはんこです。パワーストーンは石によって異なる特殊な力を秘めているとされていて、運勢を上げたい目的に合わせて選べることが魅力です。

例えば、タイガーアイは仕事運や金運の上昇、クリスタルは悪気を払って幸運を招くといったような効果があるとされています。華やかな見た目から、プレゼントとしても人気です。結婚祝いや出産祝い、さらにはちょっとしたプレゼントとしても注目されています。

⇒判子にかかわる名称と別名と語源

字体のデザインにこだわりましょう

運勢を上げるはんこ作りには、字体のデザインも重要になってきます。はんこをしつらえる場合には、店舗と相談して字体のデザインを仕上げてみてはいかがでしょうか。はんこを作る場合の書体は、大きく篆書体と印相体とに分けられます。

篆書体とは始皇帝の時代に中国で作られて、日本に伝わった書体と言われています。天地自然を表現しているとされていて、お札などにも使われている身近なデザインでもあります。はんこに用いられるのは、偽造しにくいことも理由として挙げられています。

印相体は篆書体から発展したもので、はんこによってもたらされる運勢をより高めるために作られました。そのため、別名として吉相体とも呼ばれています。例えば、苗字の画数を調整したり、全体のデザインを広がったように見せることで、運勢を上げることが目的とされています。

また、印相体は姓名判断と組み合わせた、印相八方位というものがあり、それに基づいて字体が決められることもあります。他にもはんこに使われる字体は様々にあり、運勢を上げるデザインのものも多種に渡っています。運勢を上げる目的だけでなく、その根拠を考えながらはんこに彫る字体を選んでみてはいかがでしょうか。

運勢を上げるはんこの選び方

このように、運勢を上げるはんこを選ぶ場合は、まずはんこの素材を決めた上で、はんこに彫る字体のデザインを選ぶことがポイントになります。悩んだ時には、九星気学や印相八方位といった方法があるので、そうしたものも参照しながら決めていきましょう。

ただし、はんこは自分や家族との相性が最も重要なので、値段や素材、デザインだけに注目するのではなく、自分の気に入ったものを中心に選びましょう。いくつか店舗を当たって、納得のいくお店で注文することも大切です。

運勢を上げるはんこは、自分の手元に置いたり、家の中に置いておくことで心地よさを発揮することが最も重要な目安になります。また、はんこは素材によって壊れやすいこともあります。重要な書類の作成には無くてはならないものなので、保管する場所だけでなく、購入後に保管する方法も考える必要があります。

購入したあとは、保管場所にも注意しましょう。長期間使わない場合には、取り出してひび割れなどが無いか定期的にチェックしてください。

⇒外国人に大人気!はんこの魅力

はんこで運勢を上げよう

はんこは長い歴史のなかで、運勢をつかさどるおまもりとしても発展してきました。家庭運や財政運を上げるためにも、また新しく気分を変えてみるためにも、新しくはんこを作成することは良い転機になるかもしれません。

素材選びや字体にこだわって、納得のいくはんこを作成してみましょう。いくつか店舗を探して、お気に入りのお店を見つけてみてください。