はんこを持つ意味や通販で安い製品を購入する際の注意点

はんこは書類の内容に同意したことを示すサインとして、日本では現在でも広く普及しています。特に公的な書類は捺印を必須にしている物も多いため、日々の生活とはんこは切り離せないと言っても過言ではありません。ここでははんこの歴史や材質による特徴の違い、通販で安いはんこを購入する際の注意点についてお伝えします。

⇒かわいい!つかえる!「キャラクターはんこ」

日本の歴史とはんこの関係について

現在の日本では書類を確認したサインとして手軽にはんこが使われていますが、広く普及したのは明治時代以降です。日本にはんこが伝わったのは古代中国の後漢の時代とされています。当時の権力者が贈った金印が日本で最初のはんこですが、当時のはんこは実用品ではなく権力の象徴でした。

はんこを持つことで国の支配者であることを示していたのです。やがて公的な書類に捺印する、現在のはんことほぼ同じ目的で使われるようになりましたが、はんこは個人で所有する実用品ではなく、国や地域を支配する権力者が管理する財産でした。

個人的な目的で使われるようになったのは平安時代後期からと言われています。はんこが実用品として扱われるようになっても所持できるのはごく一部の人だけでした。はんこは貴族や武士など富や権力を持つ者だけが手にできる高級品だったのです。

その一方で書類の内容に同意したことを示すためのサインを残す行為は庶民の間にも広まっていました。はんこを所持できない人は自分の手形を押して捺印の代わりにしていたのです。はんこが安くなり、誰でも所持できるようになったのは江戸時代後期です。

庶民が持つはんこは捺印した本人が書類の内容を確認したことを示すだけで法的効力は無かったと言われています。安いはんこは簡単にコピーできるのが理由で、当時は手形や指紋の方が重視されていたのです。

はんこが法的効力を持つようになったのは明治時代になってからです。明治時代に定められた法律によって公的な書類には捺印が必要になりました。それに伴い、はんこを押すことへの責任が大きくなったのです。現在でもはんこを持つ本人の意思よりも捺印の事実が優先されるケースがほとんどなので、安易に捺印してはいけません。

材質ごとで異なるはんこの品質

日本では古くからはんこが使われていますが、材質によって重要性や価値が大きく異なっていたのも事実です。国内で最初に普及したのが木製のはんこです。材料の入手や加工が容易なので、現在でも一定の需要があります。

高級木材で作ったはんこは温もりと力強さを感じさせる質感を持っていますが、湿気や火気に弱いのが欠点です。また、衝撃にも弱く、粗雑に扱うと割れてしまうことがあります。摩擦にも弱く、何度も捺印を繰り返すうちに文字が刻まれている印面がすり減ってしまう点には注意しなければいけません。

石や動物の骨は木材と同様に古くからはんこ作りに使われていました。木材よりも固い反面、割れやすい欠点があります。金属のはんこは非常に頑丈で、摩擦や急激な温度の変化にも強いのが特徴です。害虫やカビの被害にも遭わない他、焼失しないという金属ならではのメリットもあります。

長持ちする材質ですが、印面を彫るなどの加工は非常に困難です。職人による手作業はもちろん、機械を使った場合でも金属製のはんこは高額化します。金属の固さが印面の作成を困難にしている大きな理由です。プラスチックは量産ができる安価な材質なので三文判やゴム印などに多用されています。

湿気や乾燥に強いのが利点ですが、その一方で摩擦や衝撃、火気には弱いので取り扱いには注意が必要です。

条件に合致しないはんこは印鑑登録ができない

はんこは大別すると実印とそれ以外の認印があります。実印と認印はどちらもほぼ同じ法的効力がありますが、実印は市区町村に登録した公的なはんこです。実印は所持している本人だけが扱うはんこと見なされるので、捺印があればどのような内容の書類であっても本人が同意したものとして扱われるのです。

実印は法律上の責任が大きいはんこなので、印鑑登録を行うには一定の条件が定められています。印影の大きさが適切で輪郭がきれいに転写されることや、所持者の戸籍上の名前が刻まれていることが主な条件です。印影の大きさについては市区町村ごとに多少の違いがあるので、登録手続きを行う際はその点を忘れずに確認します。

また、印影が常に同じ形状であることも重要な条件です。ゴム印は印面が柔らかいゴムで作られている安価なはんこですが、捺印する際の圧力で変形することがあります。捺印するごとに文字が潰れ、印影が異なる形になるのが実印に適さない理由です。

固い材質でも印面が破損している物はゴム印と同様に実印にはできません。

通販のはんこが安い理由

通販のはんこは店頭販売の物よりも数割ほど価格が安くなっています。これは安価な材料を使っている他、機械で量産しているのが理由です。高級なはんこは職人が一本ずつ手作りで仕上げています。材質も高品質な物を使っているので高くなってしまうのです。

一方で通販のはんこは多くがプラスチック製で、印面も工作機械で仕上げています。人の手による工程が皆無なはんこも珍しくありません。材料費や人件費が上乗せされないため、通販のはんこは安い金額で販売できます。

安さよりも印面の正確さで業者を選ぶことが大切

通販のはんこも店頭販売と同様に名前の種類が豊富です。

日本で用いられている名字のほとんどが刻まれているので、安いはんこを探しても自分の名前が見つからないという事態はほとんど起きないと言えるでしょう。

しかし、極端に安いはんこは漢字が間違っていることもあります。安価なはんこの多くは中国や東南アジア諸国など人件費が安い国で作られています。日本語を知らない人が製造に従事しているケースも少なくありません。文字が読めないので間違いも認識できず、誤った漢字でそのまま販売してしまうのです。

無用なトラブルを避けるためには割高でも正しい漢字を刻んでいるはんこを使うのが効果的です。

責任が大きいはんこを正しく扱うのが社会人の務め

はんこを正しく扱うには法的効力の強さを認識し、安易な捺印を避けることが重要です。通販で購入できる安いはんこは機械を使った量産品ですが、印面に関する条件の合致によって印鑑登録が可能になります。安いはんこでも実印にできる反面、捺印の責任は非常に大きくなります。

日頃から使用や管理には十分に気を配るのがはんこの上手な扱い方です。